TOP

WHC2017で発表してきました

Worldhapticsに採択されました

デモ機製作中

学会発表に行ってきました

研究室にハイスピードカメラが導入されました

インタラクション2017でプレミアムデモ発表します

石塚研究室

石塚助教の指導のもと、日々触覚デバイスに関する研究が行われています。現在、石塚助教と学生2名の体制で研究に取り組んでおり、小人数ながら和気あいあいとした研究室です。研究設備は香川大学6号棟の設備やFROM香川の設備を利用しています。また、研究室内にも多数取り揃えています。

学生は触覚刺激を行うデバイスを扱うためにプログラミングに関する勉強やゼミを通して触覚研究に関する知識を増やし自身の研究内容に役立てています。

 

VR(バーチャルリアリティ)の登場や触覚デバイスへの関心から様々な分野で触覚に関する研究が多く行われています。触覚デバイスとは、「ざらざら」「つるつる」といった手触りを人工的に再現し、ヒトに感じさせるデバイスです。触覚デバイスは技能や臨場感を伝える次世代メディアとして近年ますます注目されてきています。


香川大学工学部1号棟3階のオープンスペースにて
ゼミを行っていますので、ぜひ研究室見学へおこしください。